スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
利常灰塚
haiduka.jpg


加賀藩第三代藩主前田利常は、藩祖前田利家の四男で、兄利長の養嗣子となり、第3代藩主を継ぎました。
万治元年(1658)、江戸城普請から帰国した利常は、普請の気苦労から解放されたためか、隠居城である小松城で倒れ、そのまま帰らぬ人となりました。

利常はこの地で荼毘に伏せられ、野田山の墓所に葬られました。
石碑には「加越能国主従二位前田利常公灰塚之址」の文字が記されています。


前田利常】 文禄2年(1593)?万治元年(1658)
父は前田利家。母は寿福院(ちよぼ)。
子のない異母兄の利長の養子となり、前田家を継ぐ。
正室は2代将軍徳川秀忠の娘の珠姫(天徳院)。
寛永16年嫡男光高に家督を継がせるが、時を同じくして次男利次を富山藩(10万石)に、三男利治(7万石)を大聖寺藩に分封した。
幕府の一国一城令の例外として、利常は隠居城として小松城を認められた。
子の光高が正保2年(1645)36歳で没すると、その子綱紀がわずか3歳で家督を継いだため、利常は綱紀の後見として、再び藩政を見ることとなった。
「改作法」などによって加賀藩の財政の基盤を築いた。
また、江戸において、幕府の警戒を解くために鼻毛を伸ばして「うつけの殿」を装っていたという逸話は有名である。


利常灰塚
小松市埴田町の加賀産業道路沿いにある。(金沢から加賀方面に向かって左手)
スポンサーサイト
【2005/04/29 09:55】 前田家 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
「山口玄蕃頭宗永公之碑」と首塚
加賀市大聖寺の全昌寺という曹洞宗のお寺にあります。
全昌寺は山口玄蕃の菩提寺。五百羅漢が有名。
また、芭蕉と曾良の句碑も境内にあります。
yamaguti01.jpg

「山口玄蕃頭宗永公之碑」


yamaguti02.jpg

玄蕃の首塚
もと、他所にあったものを菩提寺である全昌寺に移したそうです。



山口宗永】 ??慶長5年(1600)
 加賀大聖寺城城主。秀吉の臣。
 はじめ小早川秀秋の補佐として仕えていたが、不和となり、秀吉の元に戻り、大聖寺城6万余石を領有した。
 関が原の合戦で西軍につき、子の修広とともに大聖寺城に籠城した。前田利長は、降伏を勧告したが、宗永は受け入れず、利長の軍に攻められ、たった1日で落城、山口父子は討ち死にした。


全昌寺】加賀市大聖寺神明町1
【2005/04/23 10:13】 戦国時代 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
前田利長墓所
加賀藩第2代藩主前田利長の墓所。
利長の墓所は、金沢市の野田山にもありますが、こちらは富山県高岡市のもの。
利長は、異母弟の利常に家督を譲ると、富山城に入りました。ところが富山城が火災で焼失してしまったため、現在の高岡の地に城を築き、この地で没しました。(慶長19年没)

跡を継いだ利常は、菩提寺として瑞龍寺を建立しました。その瑞龍寺の正門からまっすぐに伸びる八丁道と呼ばれる道の先に、利長の墓所はあります。この墓所は、正保2年(1645)、利常が利長の33回忌に建てたもの。現在の墓所の広さは10557?(約3199坪)、堀と石垣に囲まれた石塔(写真)の高さは11.8メートルと武将の墓としては全国でも屈指の大きさを誇っています。

toshinaga01.jpg

墓所の入り口


toshinaga02.jpg


夕闇迫る頃参詣したので、画像が見づらくなっています・・・・


前田利長】 永禄5年(1562)?慶長19年(1614)
 前田利家の長男。母は芳春院。加賀藩第2代藩主。織田信長の娘永姫を妻とする。
 天正13年(1585)秀吉より越中砺波・射水・婦負三郡を与えられ、守山城主(現富山県)となる。慶長3年(1598)、家督相続、翌年父利家が死去すると、五大老の一人として秀頼を輔弼していたが、やがて徳川家康の勧めもあって国許に帰った。帰国した利長は、家康から謀反の嫌疑をかけられるが、母芳春院を証人とすることで事なきを得た。
 関ヶ原の合戦では東軍につく。北国での戦功が認められ、40万石を加増され、加越能120万石の大名となる。
 利長は異母弟の利常を養嗣子とし、家督を継がせる。慶長19年(1614)5月病没。
 一説に、利長の死は、大坂の陣を前にして、大阪方から味方するよう誘いがあったことなどから、利常の立場を慮っての服毒死であったとする。
 

前田利長墓所】高岡市大野


【2005/04/22 09:47】 前田家 | トラックバック(0) | コメント(1) | Page top↑
大聖寺藩歴代藩主の墓所
daishoujis.jpg

加賀市大聖寺にある大聖寺藩前田家の墓所。
大聖寺藩前田家の菩提寺である実性院というお寺にある。
実性院は初代利治(加賀藩3代藩主利常三男)の法号。
寺の建物の左手奥が墓所になっており、歴代藩主の墓はその墓所の最上部に位置している。

写真の左手にあるひときわ大きな墓石が利治のもの。

また、実性院は萩の寺としても有名。


【実性院】石川県加賀市大聖寺下屋敷町29番地
     公式サイト

【2005/04/22 09:40】 前田家 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
長岡御廟
toyamagobyou01.jpg


富山藩前田家の墓所。
富山市の西部呉羽山の麓にある。
加賀藩第三代藩主前田利常は、3人の実子を加賀(金沢)、富山、大聖寺に分封した。
富山藩の初代は利常の次男利次。
はじめ、富山に分封された時、この地に富山城を築こうとしたというが、幕府からの許可が下りず、2代利甫がここを御廟とした。

写真の門の正面が初代利次の墓。
境内の広さは約3万平方メートル。
5月の下旬に訪れたのだが、下草が結構茂っていた。
門前には家臣らが寄進した灯籠が整然と並んでいる。

御廟の入り口にある曹洞宗真国寺が墓守を務めている。

(富山県富山市)

【2005/04/21 10:36】 前田家 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
はじめに
史跡巡りをするたびにたまっていくデジカメ画像。
その整理を思い立ち、ブログを立ち上げてみました。
史跡巡りをしていて必ず立ち寄るのが、お墓。
大きな声ではいえませんが、こちらのブログはお墓が中心です。
いにしえの人々が眠る神聖なる場所。どうか粗相のないようにご覧下さい

なお、ブログのタイトルは、直江兼続の漢詩「洛中之作」の「独在他郷憶旧遊」という句から拝借いたしました。
【2005/04/21 10:25】 はじめに | トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
PROFILE
よーぜん
  • よーぜん
  • RSS
CALENDAR
03 « 2005 / 04 » 05
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
CATEGORY
LINKS
SEARCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。