スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
平時忠の墓
平時忠の墓


平時忠および平家一族の墓所は能登の山中に、ひっそりと身を隠すようにしてある。

能登の海岸線に沿ってR249を輪島から珠洲市方面に走る。珠洲市に入って間もなく道が二股に分かれるので、右側の道を山に向かって進んでいく。しばらくいくと左手に大きな案内板が掲げられ、駐車スペースになっている場所がある。そこに車を止めて道標に従って道路右側の坂(谷!?)を下りていく。7、80メートルほど下ったところに、籬で囲われた一角が現れる。その中が、時忠らを祀った空間である。

坂を下ると畑が目の前に広がり、畑と対面するように墓所の入り口がある。
中に入ると10基あまりの五輪塔が整然と並んでいる。外の蒸し暑さを忘れるような、身の引き締まるような空間である。
入り口から2,3個目の、ひときわ大きな五輪塔が時忠のものだという。

続きを読む
スポンサーサイト
【2006/09/01 14:54】 源平関係 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
PROFILE
よーぜん
  • よーぜん
  • RSS
CALENDAR
08 « 2006 / 09 » 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
CATEGORY
LINKS
SEARCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。