スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
巴塚・葵塚
富山県と石川県の県境にある倶利伽羅峠。
木曽義仲軍と平維盛軍が激突し、「火牛の計」を用いて義仲軍が平家軍を撃退したことで有名なところです。
この倶利伽羅峠の麓、富山県小矢部市側に建つ塚です。


◆巴塚◆

kurikara06.jpg


巴御前は木曽義仲の愛妾であり、倶利伽羅の戦いでは兵1000余騎を率いて参戦しました。
彼女はここで命を落としたわけではありませんが、彼女の奮闘を讃える意味での碑でしょうか。


◆葵塚◆

kurikara07.jpg


巴塚よりやや奥まった場所に建つ葵塚。
彼女も倶利伽羅の戦いに参戦し、この地で命を落としました。
「葵は寿永二年五月砺波山の戦に討死す
 屍を此の地に埋め墳を築かしむ」
と碑文にあるとおり、巴塚は平地に建っているのに対し、葵塚のほうは土盛がされた上にこの碑が建っています。


【巴御前】
木曽義仲の養い親である中原兼遠の娘。義仲の四天王、樋口兼光・今井兼平とは兄妹にあたる。
『平家物語』に、「巴は色白く髪長く、容顔まことに優れたり。」とあり、強力の持ち主だったとも言われている。
義仲について戦に参戦。義仲の死後の巴の動向は不詳だが、『源平盛衰記』によると、平家滅亡後、鎌倉に行き、頼朝の御家人である和田義盛に嫁ぎ、朝比奈三郎義秀を産んだという。和田合戦で義盛が命を落とした後、昔の縁を頼って越中の石黒氏のもとに身を寄せ、尼となって91歳まで生きながらえたという。


【葵御前】
不詳
スポンサーサイト
【2005/05/15 10:58】 源平関係 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
<<前田利春・長齢夫人の墓 | ホーム | 為盛塚>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
PROFILE
よーぜん
  • よーぜん
  • RSS
CALENDAR
09 « 2017 / 10 » 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
CATEGORY
LINKS
SEARCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。